WeLove天文館


We Love 天文館ホームページへようこそ。ここではイベントなど天文館での情報を皆様へお伝えいたしております。いつまでも愛せる天文館になれるよう努力していきたいと思います。

会長のあいさつ
「街も生きものです。みんなで愛せる街にしていきましょう」

会長 牧野 繁
◆会長あいさつ
こちらから



 

We Love 天神協議会
┗We Love天神協議会┛

すきたい熊本協議会
┗すきたい熊本協議会┛

welovekokura
We Love小倉協議会


 

山形屋
┗山形屋┛

マルヤガーデンズ
┗マルヤガーデンズ┛

タカプラ
┗タカプラ┛

天文館どっとこむ
┗天文館どっとこむ┛

中振連
┗中振連┛

人に環境にやさしい市電・市バス「鹿児島市交通局」
┗鹿児島市交通局┛

献血ルーム・天文館
献血ルーム・天文館

 

HOME > プレスリリース > 天文館ママ大島紬学ぶ

プレスリリース


天文館ママ大島紬学ぶ
天文館ママ大島紬学ぶ

平成19年10月17日 南日本新聞に掲載されました。

工芸品フェス控えPR準備

鹿児島市天文館のスナックのママさんらでつくる着物の会「粋麗会」メンバーが16日、同市内のホテルで地元工芸品・本場大島紬を学ぶ勉強会を開いた。
勉強会は11月8日亜kら同市で開く「伝統工芸品フェスタ」で、全国からの来訪者に大島紬を積極的にPRできるようにと計画、約50人のメンバーらが参加した。
本場大島紬織物協同組合の中川進理事長を講師に迎え、約1300年前の生まれたとされる大島紬の歴史や製法、種類などを学んだ。また着付けの実演披露もあった。
複雑な工程を経た後、一反が約1ヶ月半かけて織られるという解説に、ママさんたちは興味しんしん。特別な日は大島紬の着物で店に出るという兎澤広美さん(38)は「歴史や織り方、種類を知り、もっと興味がわいた。いろんな種類の大島紬が欲しくなった。身につける機会が増えそう」。
中川理事長は「興味を持ってもらいありがたい。ママさんたちが着用してお店に出れば、PR効果は抜群です」と話していた。
同会は6月の「We Love天文館協議会」の設立に合わせ、ママさんら約30人で結成した。各種イベントや懇親会でボランティアの接客活動を続けている。


(公開日:2007年10月17日〜2007年10月17日)