WeLove天文館


We Love 天文館ホームページへようこそ。ここではイベントなど天文館での情報を皆様へお伝えいたしております。いつまでも愛せる天文館になれるよう努力していきたいと思います。

会長のあいさつ
「街も生きものです。みんなで愛せる街にしていきましょう」

会長 牧野 繁
◆会長あいさつ
こちらから



 

We Love 天神協議会
┗We Love天神協議会┛

すきたい熊本協議会
┗すきたい熊本協議会┛

welovekokura
We Love小倉協議会


 

山形屋
┗山形屋┛

マルヤガーデンズ
┗マルヤガーデンズ┛

タカプラ
┗タカプラ┛

天文館どっとこむ
┗天文館どっとこむ┛

中振連
┗中振連┛

人に環境にやさしい市電・市バス「鹿児島市交通局」
┗鹿児島市交通局┛

献血ルーム・天文館
献血ルーム・天文館

 

HOME > プレスリリース > 観光客に優しい天文館に

プレスリリース


観光客に優しい天文館に
観光客に優しい天文館に

南日本新聞10月8日(月)アングルに掲載されました。
鹿児島市内の旅行代理店の社員が言った。「天文館地区の求心力が落ちて寂しい。ツアーでも多くの旅行客が訪れる観光スポットなのに」。鹿児島最大の繁華街・天文館だが、魅力低下による観光への影響を懸念する。
6日、本格開業したイオン鹿児島ショッピングセンター。天文館地区は危機感を抱き、商店街の活性化組織である「We Love天文館協議会」を発足させるなど対策を打ち出している。
天文館がイオンに負けないものの1つに「観光地」としての魅力がある。全国に展開しているイオンに対し、天文館という街は鹿児島にしか存在しない。各旅行代理店も「天文館散策」を多くの旅行プランに盛り込む。
だが、天文館の観光客対策はまだまだに思える。観光案内所は不十分。案内地図も目立った場所にない。バス乗り場もわかりづらい。取材した旅行客の一人は「観光客に優しくない」。
国土交通省の予測によると、2035年には県の人口が今年より約30万人少なくなる。人口が減り続ける中、交流人口を増やし経済活性化させる鍵の一つが観光だ。来年はNHK大河ドラマの放映、11年には九州新幹線全線開業が控える。鹿児島の顔・天文館にも観光地としての「おもてなし」を充実させる必要があるだろう。
案内所や案内地図の充実などすぐにできることはたくさんある。観光客に優しい街は、必ず地元客にも分かりやすい街になるはず。天文館に多くの人が戻ってくるに違いない。


(公開日:2007年10月08日〜2007年10月08日)