WeLove天文館


We Love 天文館ホームページへようこそ。ここではイベントなど天文館での情報を皆様へお伝えいたしております。いつまでも愛せる天文館になれるよう努力していきたいと思います。

会長のあいさつ
「街も生きものです。みんなで愛せる街にしていきましょう」

会長 牧野 繁
◆会長あいさつ
こちらから



 

We Love 天神協議会
┗We Love天神協議会┛

すきたい熊本協議会
┗すきたい熊本協議会┛

welovekokura
We Love小倉協議会


 

山形屋
┗山形屋┛

マルヤガーデンズ
┗マルヤガーデンズ┛

タカプラ
┗タカプラ┛

天文館どっとこむ
┗天文館どっとこむ┛

中振連
┗中振連┛

人に環境にやさしい市電・市バス「鹿児島市交通局」
┗鹿児島市交通局┛

献血ルーム・天文館
献血ルーム・天文館

 

HOME > プレスリリース > 市電天文館下車はタダ

プレスリリース


市電天文館下車はタダ
市電天文館下車はタダ

南日本新聞10月5日(金)に掲載されました。
天文館で市電を降りると、料金はタダ-。「We Love天文館協議会」が、鹿児島市天文館地区を訪れる人々の市電料金を負担し、無料化するユニークな試みを、11月24、25日に予定している。環境に優しい市電を利用し、一人でも多くの人に天文館を楽しんでもらおうという狙いだ。
「天文館 市電無料の日」は、午前10時から午後7時まで、同地区の電停で降車する利用者に限り、料金を支払う方法が検討されている。ICカードで乗車しても料金が徴収されない方法を取る。
同地区には天文館通、いづろ通、朝日通の3電停があるが、3ヵ所全部を対象とするか、天文館電停だけを対象とするか、現在検討している。
昨年の統計では3電停で2日間の同時帯に延べ約1万人が下車。今年は両日、他の集客イベントも企画する予定で、協議会では3電停で延べ1500人程度の利用を見込んでいる。予算は約150万円を組んだ。
交通局に要請した当初は、ICカード利用者の精算方法などで課題があったが、同局も「市電の利用者増につながり、中心市外地活性化にも貢献できる」と積極的に協力、実現にこぎ着けた。
協議会の牧野繁専務理事(51)は「今回の試みで天文館に足を運ぶ人が少しでも増えれば。"市電無料"も何らかの形で定期的に実施できるようにしたい」と話している。


(公開日:2007年10月05日〜2007年10月05日)